2020年05月18日

Colorful Small Flowers

ムラサキカタバミ

5月の日差しを浴びた、カラフルな道端の花たち。

上の花は、紫片喰(ムラサキカタバミ)


タイトゴメ

大唐米(タイトゴメ) 
とても小さな多肉植物


アカバナユウゲショウ

赤花夕化粧(アカバナユウゲショウ) 
夕化粧という名前でも朝から咲いている


ツタバウンラン

蔦葉海蘭(ツタバウンラン) 
これもとても小さい


ムラサキツユクサ

紫露草(ムラサキツユクサ)


ハタケニラ

畑韮(ハタケニラ) 
ニラとは別種らしい


ニワゼキショウ

庭石菖(ニワゼキショウ)


クスダマツメクサかコメツブツメクサ

薬玉詰草(クスダマツメクサ)か米粒詰草(コメツブツメクサ)
見分けるのが難しいようですが、花の大きさからするとクスダマの方かも


マンテマ

マンテマという花の仲間らしい


ナガミヒナゲシ

長実雛芥子(ナガミヒナゲシ) 
今年の花はそろそろ咲き終わり



花の名前は、ネットなどで調べたものなので、
間違っていたらご指摘ください。

(2020.5.15,17)
ラベル:道端の花 葛西
posted by tokuho at 23:22| Comment(0) | 葛西あたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月09日

八重桜の季節

満開の八重桜

青空と八重桜

今年はソメイヨシノがだいぶ長く楽しませてくれたけど、
そろそろ花吹雪も終わりに近づいてきたこの頃、
八重桜のポンポンの花が見頃になっています。


青空と八重桜

青空とピンクの桜

ピンクの八重桜

濃いピンクも、薄いピンクもかわいい。


八重桜・鬱金

緑の桜鬱金

鬱金という桜

このうす緑っぽい色の花は「鬱金(ウコン)」。
だんだんに色が変わってピンクが混じってくるところなど
御衣黄(ギョイコウ)」に似ている感じです。


(2020.4.8-9)
posted by tokuho at 15:19| Comment(0) | 葛西あたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

小さな黄色い花

ベビーリーフの花

ベビーリーフの花


冬の間
ベランダでひっそりと育っていたベビーリーフに
花が咲きました。

春のあたたかさ。
9年目の3月11日。

(2020.3.11)
posted by tokuho at 21:31| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

なぎさ公園の河津桜

河津桜

200212_6742.jpg

南葛西にあるポニーのいるなぎさ公園。
なぎさ公園の河津桜が咲き始めました。

木によって咲き方はだいぶ違うけど、
全体を見れば二分咲きくらいでしょうか。
満開は少し先になりそうです。


200212_6753.jpg

風はまだ冷たいけど、心春めくピンクの花びら。

(2020.2.12)

posted by tokuho at 22:08| Comment(0) | 葛西あたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

真冬のバラ

冬のバラ

冬のバラ

近所のフラワーガーデンの冬バラが、まだ随分咲いています。
日差しのせいもあってか、春のキラキラしたバラ園とは全く違う雰囲気。
ちょっと寂しげな風情が、これはこれで素敵です。


冬の赤いバラ

黄色いバラ

ピンクのバラ

冬のバラ園


いつもの年も、この時期こんなに咲いてたかなあと思いながら。

(2020.1.22)


posted by tokuho at 22:18| Comment(0) | 葛西あたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

2020年 謹賀新年

nenga2020.jpg


あけましておめでとうございます。

やりたいことも、やるべきことも、
楽しく笑顔の一年に。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


2020.1.1
posted by tokuho at 10:45| Comment(0) | 新年挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

草津、雪の朝

雪の朝

雪の草津ホテル

今年は草津も雪が遅く、
例年なら積雪のはずの12月下旬でも
到着した日には雪の気配もなく。
でも予報どおり夜になってから雪が降り出し…。
そして朝。青空のもと、一面真っ白に。


草津ホテルの玄関

雪の草津ホテル

草津ホテルの干し柿


まだ人が少ないうちにと、西の河原へ行ってみました。

191223_6634.jpg

雪の西の河原公園

雪の西の河原

山間の河原にもだんだん日が差してきて、
雪も青空もキラキラしてきます。

雪の西の河原公園

西の河原より


それほどたくさん降らなかったからか
遊歩道はすっかり融雪されて足元の心配はほとんどなく
気持ちよく快適なカメラ散歩になりました。

これからは本格的な雪の季節になっていくようです。

(2019.12.22-23)

posted by tokuho at 23:51| Comment(0) | 国内の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

国宝迎賓館赤坂離宮

迎賓館本館と噴水

国賓などのおもてなしで使用していないときは、
予約なしで見学できるということで、迎賓館へ行ってきました。

迎賓館赤坂離宮は、明治42(1909)年に東宮御所として建設された
ネオバロック様式の西洋宮殿。
館内は、贅を尽くしたとか、技術の粋を集めたとか、豪華絢爛とか目の保養とかいう
陳腐な言葉を使いたくなるくらいに素晴らしい異空間。
洋風といいながら、意匠のあちこちに和が感じられるところも面白かった。


館内の写真は撮れなかったので、外観と庭園を。
(写真は撮れないけど、立派なパンフレットをもらえます)

迎賓館本館

迎賓館の屋根

主庭から見た本館


迎賓館主庭の噴水のグリフォン

迎賓館主庭の噴水

主庭の噴水には、グリフォンやシャチや亀


前庭から見た迎賓館本館

前庭から見た本館 こちらが玄関


迎賓館本館屋根の天球儀

屋根の上の天球儀


迎賓館の芝生

迎賓館の正門

正門とその前の芝生


お天気も素晴らしかったので、そのまま千駄ヶ谷まで歩き、
工事が進む新国立競技場の外観も眺めてきました。

工事中の新国立競技場


(2019.11.4)



posted by tokuho at 22:36| Comment(0) | 都内近郊散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

暗がりの中でデジタルを浴びる

ランプの部屋

お台場で「チームラボ ボーダレス」を見てきました。
平日だから混んでないだろうと思ったら、入場20分待ち。
多くが海外からの方でした。

刻々と変わっていく様々なデジタルアート。
人の動きに反応して生まれ出る蝶。
自分で塗り絵したトカゲやカエルが足元を走って行きます。


デジタルの蝶

LEDのキラキラ

光の彫刻

花と水流


館内の案内図がなかったり
(「さまよう」がコンセプトの一つらしい)
鑑賞時間が限定される作品があったり
(混んでるからね)
そんなことを含めても
美しく新しい体験だったと思います。
そして、これ作った人たち、楽しかったろうなあ。

(2019.10.15)

posted by tokuho at 13:26| Comment(0) | 都内近郊散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

犬槇(イヌマキ)について

190912_6333.jpg

散歩の途中で見かけるイヌマキの実が、数年前から気になっていました。
不思議な形の実がつきだすと、通りかかるたびに眺めています。


イヌマキの黄色い実

イヌマキの実

丸いのとちょっと長めのが2個、串刺しみたいになっています。
先端の丸いのは粉を吹いたような緑色、
ちょっと長めの方は、緑から黄色、赤から黒っぽく色が変わっていきます。

調べてみると、実がなるのは雌株だけだということ。
緑の方が本来の実(種)で、毒があり、
赤い方は花托(かたく)といい、熟せば甘く食べられるらしい。
赤いのを狙った鳥が両方食べちゃうことで、種をばらまいてもらう作戦のようです。


イヌマキの木


(2019.9.10)

posted by tokuho at 22:38| Comment(0) | 葛西あたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする