2019年05月19日

薔薇の季節

フラワーガーデンの噴水とバラ

葛西のフラワーガーデンのバラが見頃です。
種類によって、ちょっとずつ咲くタイミングが違っていたりもしますが
華やかで美しく、色も咲き方も本当にさまざま。
子どもやお年寄りや、たくさんの人が楽しみに来ていました。



ピンクのバラ

フラワーガーデンのバラ

バラ・花霞

黄色いバラ

オレンジのバラ



ピンクのバラ

ピンクのバラ・マチルダ

中でも、こんなシンプルな平咲きの花にひかれます。



青空と白いつるバラ

素晴らしく晴れた、先週の週末。


(2019.5.11)


posted by tokuho at 22:33| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

雷公園の御衣黄

ギョイコウの花

葛西の旧江戸川沿いの雷(いかづち)公園に、
御衣黄(ギョイコウ)の木があります。

御衣黄は八重桜の一種で、咲き始めは黄緑色。
満開に近づくと花弁の中心から鮮やかな紅色に変化し、
花全体が少しずつ赤みを帯びていくのが特徴、とのこと。


満開のギョイコウ

雷公園のギョイコウ

ギョイコウの落花

この日は満開!
黄緑とピンクが入り混じった花色は独特の雰囲気。



満開の八重桜

普通の八重桜も満開。こぼれそうなピンク。

(2019.4.23)



posted by tokuho at 17:58| Comment(0) | 葛西あたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

青空と春の花

ユキヤナギ

都心ではソメイヨシノが開花したそうですが
葛西あたりではもう数日かかりそうです。

ソメイヨシノはまだですが、
キラキラしたお天気の午後に出会った春の花たち。

満開のユキヤナギ(雪柳)の花は輝くような白。


オオシマザクラ

たぶんオオシマザクラ(大島桜)だと思うけど、
満開に近い木とまだ咲き始めの木があったので、違う種類の桜かも。


カンヒザクラとヒヨドリ

ヒヨドリが夢中で蜜を吸っていたのは
カンヒザクラ(寒緋桜)っぽい濃いピンクの桜。


コブクザクラ

早咲きの小ぶりな桜はコブクザクラ(子福桜)


レンギョウの花

レンギョウ(連翹)の黄色も春らしい。


ボケの花

ボケ(木瓜)の花は赤のイメージだったけど
こんなやさしい色もある。


ハイビャクシンの花

この季節、常緑樹も
目立たないけど個性的な花が咲いていたりします。


(2019.3.21)


posted by tokuho at 21:24| Comment(0) | 葛西あたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

2019年 謹賀新年

年賀状2019


あけましておめでとうございます。

風に流されながらも
足元を見失わないようにして、
少しずつ新しい道を進んでいこうと思います。
にこやかな気持ちで
がんばり過ぎないようにがんばって。

(2019.1.1)


ラベル:謹賀新年 おせち
posted by tokuho at 01:00| Comment(0) | 新年挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

東京湾の干潟・葛西海浜公園

葛西臨海公園の干潟

葛西海浜公園は、葛西臨海公園の前面にある人工干潟(西なぎさ・東なぎさ)と、
その先の三枚洲と呼ばれる遠浅の海からなります。
今回、東京都内で初めてラムサール条約湿地登録されました。

ラムサール条約の正式名称は
「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」。
数万羽の水鳥が生きていける生態系が認められ、
また、これを保全し持続的に活用することを目指すものです。
日本野鳥の会東京のHPが簡潔でわかりやすい。登録前の記事ですが)

都主催の登録報告イベントをのぞきがてら、干潟を見に行ってきました。


西なぎさと東なぎさ

渚橋で陸とつながっている西なぎさ(右手前)と、
保護のため立ち入り禁止になっている東なぎさ(左奥)。
東なぎさの向こうは舞浜のテーマパーク。


葛西海浜公園からのぞむ富士山

雲が多く寒い日でしたが、富士山がちょっとだけ見えました。


砂地に咲く花

枯れ草と黄色い花

葛西海浜公園の秋草

西なぎさに咲いていた花など。


葛西海浜公園の干潟

葛西海浜公園の干潟

少しだけ日が差してきた西なぎさ。
残念ながらこの日は、水鳥の姿はあまり見られませんでした。


(2018.11.24)

posted by tokuho at 00:00| Comment(0) | 葛西あたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

晩秋の上高地、雨のち曇り時々晴れ間

梓川と白樺

晩秋の上高地

雨の朝。
傘がいるくらいしっかり降っていましたが、
午後には上がるという予報を信じて上高地へ。
バスターミナルから大正池まで歩き、また河童橋へと戻るハイキング。


梓川とカラマツの黄葉

途中のバスの車窓から見えた紅葉が見頃の時期。
上高地ではもう終盤近くなっていましたが、
梓川沿いの遊歩道から見たカラマツの黄葉は美しかった。


田代池

田代池の湿原。


大正池

大正池。低い雲に山並みは隠されている。


小さな青空

昼前ごろ、小さな青空が顔を出しはじめました。


大正池と雲に隠れた焼岳

上高地の大正池

大正池から見た岳沢

光る雲

雲の切れ間から日がさすと、
流れる雲の動きに合わせて、風景がそこだけキラキラと輝く。



上高地の湿原

黄葉のパッチワーク

大正池から戻る頃にはだいぶ明るくなってきて、
雨に濡れた晩秋の景色もまたよい感じ。


カラマツの黄葉

上高地のカラマツ

カラマツもキラキラ。


河童橋付近から岳沢を見る

しかし、穂高の山並みは最後まで雲の中でした。
残念、また行かなきゃいけないね。


(2018.10.27)


posted by tokuho at 17:12| Comment(0) | 国内の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋空と松本城

松本城

紫ががった秋空と、松本城の天守閣。
黒い外壁が青っぽく光って見える。
遠く北アルプスの山並み。
槍ヶ岳の三角形の山頂がちらっとのぞいていました。


松本城

松本城から見た北アルプス

松本城から見たお堀


(2016.10.26)

posted by tokuho at 16:28| Comment(0) | 国内の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

満開の曼珠沙華@巾着田

一面の曼珠沙華

白い曼珠沙華

巾着田は、蛇行した高麗川にぐるっと囲まれた、丸い巾着の形の土地。
その川沿いに咲く、500万本という曼珠沙華(ヒガンバナ)を見てきました。
文字どおり赤い絨毯のよう。


赤い曼珠沙華

赤と白の曼珠沙華

赤い曼珠沙華

一面に咲く曼珠沙華

木漏れ日が自然のスポットライトになって、ドラマチック。



あいあい橋から見る曼珠沙華

あいあい橋から見る曼珠沙華

橋から見下ろすと、また違った雰囲気。


(2018.9.19)



posted by tokuho at 18:04| Comment(0) | 都内近郊散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

庭園美術館と動物の椅子

ハチドリの椅子

庭園美術館

庭園美術館で開催中の「ブラジル先住民の椅子」展

ブラジルの先住民が1本の木から削り出した椅子たちは、
何かしら神話的な意味のある動物たちで、
それを作る部族によっても趣が違います。
実用品だったものが、やがて作品となってきているようです。

はじめの椅子はハチドリ


サルとホウカンチョウの椅子

サルとホウカンチョウ


ズグロハゲコウとコンドルの椅子

ズグロハゲコウとコンドル


ブラジル先住民の椅子

アルマジロ、カエル、ワニ


ジャガーの椅子

ジャガー


ジャガーの椅子

いろいろな形のジャガーがいました


ジャガーの椅子

これもジャガー


コウモリとエイの椅子

コウモリとエイ
コウモリはお腹に座る方式


サルの椅子

サル


庭園美術館

私好みの造形かつ写真撮影自由だったので、
調子に乗って、楽しく撮りまくりました。

(2018.9.9)

posted by tokuho at 23:55| Comment(0) | 都内近郊散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

工場夜景クルーズ

工場夜景クルーズ

なかなかまとまった休みが取れない夏。
とりあえず夕方からの、工場夜景クルーズなるものに行ってきました。
横浜・象の鼻パークから京浜運河、大師運河、塩浜運河を船で巡るコース。


クルーズ船から見たみなとみらいの夕景

みなとみらいの夕景からスタート。


工場夜景クルーズ/大黒大橋

大黒ふ頭、大黒大橋と三日月。


180815_5373.jpg

工場夜景クルーズ

工場夜景クルーズ

工場夜景クルーズ

だんだんに夜景らしくなってきます。
さまざまな工場や倉庫やタンク、作業中の船。
ガイドの方が詳しく説明してくれましたが
すみません、覚えきれませんでした。


工場夜景クルーズ

工場夜景クルーズ

揺れながら動く船からの夜景撮影は本当に難しい!
普通のコンパクトカメラ(FujiXQ1)だったので
暗くなるにつれ、ブレたりボケたりが多くなる。
この2枚、ほぼ同じ場所ですが、撮影モードを間違うとこんな感じ。
(これはこれでそれなりに好きだけど…)

そして、いろいろな撮り方を試してみた結果、
iPhoneのカメラが、夜景にはかなり優秀だとわかりました。


工場夜景クルーズ

工場夜景クルーズ/コンテナ船



夜景やお仕事する乗り物に興味ある人には
楽しいツアーだと思います。
でも、よほど腕と機材に自信のある人以外は
いい写真を撮ろうと意気込まない方が良いかも。


みなとみらいの夜景

最後はみなとみらいの夜景を見ながら帰港。
写真ではわかりにくいけど、
この日の観覧車のライトアップはピカチュウでした!


(2018.8.15)



posted by tokuho at 14:27| Comment(0) | 都内近郊散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする