2015年10月24日

木を見上げる

カツラとハナミズキの紅葉

木々の葉が色づく季節。
お天気の日、街路樹を見上げながら歩いてみると、
いつもと変わらぬ緑の木や
花が咲いていたことにすら気づかなかった木にも
小さな実がなっていたりするのでした。
(上の写真、黄葉はカツラ、紅葉はハナミズキ)


ユズリハ

ユズリハ。


カクレミノの実

カクレミノの実

カクレミノ。黒っぽいのは熟した実。


クスノキ

クスノキ

クスノキ。緑の中に赤い葉や小さな実が混じっている。


イヌマキの実

イヌマキ。赤い実と緑の実、2個で1セットらしい。


クロガネモチ

クロガネモチ。


ハナミズキの実

ハナミズキ。


シラカシのどんぐり

シラカシ。どんぐりはまだ緑色。


サザンカの花と実

サザンカ。同じ枝に花と実が。


マツと松ぼっくり

マツ。写真ではわかりにくいけれど、松ぼっくりが3世代。
枝先の小さいのが今年のもの、緑で大きいのが去年のもの、
茶色の松ぼっくりが開いているのがその前の年の。


シダレヤナギ

紅葉も実もないけど、シダレヤナギも見上げてみた。


知らない木もたくさんあって、
秋に実る木について、ちょっとお勉強してみました。

(2015.10.19-21)

posted by tokuho at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 葛西あたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする