2015年01月12日

大川小学校にて

大川小学校と裏山

「津波から命を守るために
 −大川小学校の教訓に学ぶQ&A」
という冊子の
デザインを担当してからずっと、
行かなくてはならないと思っていた大川小学校。
今回、車に便乗させていただく機会を得て
ようやく訪れることができました。

そこがどんな場所で、何が起こったのか
文字や写真からの情報は知っていました。
何もなくなってしまった町の
そこだけ残された小学校の敷地に立つと、
さまざまな思いが静かにやってきます。
避難できたはずと言われている裏山も、
津波が遡ってきた北上川も、あまりに近い。
雪が降ったというあの日もここは寒かっただろう。

被災した校舎を震災遺構として保存することが
未来に伝えるものは大きいでしょうが、
複雑な思いも交錯するのでした。

大川小学校と新北上大橋

石巻の夕日

遠い雲間から指す美しい夕日を見ながら、
石巻市街へ戻りました。

(2014.1.8)

posted by tokuho at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 3.11以降のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック