2016年06月14日

道端の花々

ヒメツルソバ

舗装のすき間など道端に咲く花が気になります。
どれも力強くてかわいい。
ゴールデンウィーク頃に撮影したものなので今更ですが、
せっかく名前を調べたので、来年までの備忘録として。

上の花は、姫蔓蕎麦(ヒメツルソバ/ポリゴナム)
育てられているものと野良のもの、両方見かけます。


マツバウンラン

マツバウンラン

松葉海蘭(マツバウンラン) 
この頃よく見るようになった気がする。


ハキダメギク

ハキダメギク

掃溜菊(ハキダメギク)
名前が何とも…。


ハハコグサ

母子草(ハハコグサ)
春の七草のゴギョウ。


アメリカフウロ

アメリカ風露(アメリカフウロ)


キュウリグサ

胡瓜草(キュウリグサ)
とっても小さい。


ノミノツヅリ

蚤の綴り(ノミノツヅリ)
ハコベに似た花。これも小さい。


オニタビラコ

鬼田平子(オニタビラコ)


道端にしゃがみ込んで写真を撮っている自分は
きっと怪しいと思います。

(2016.4.26〜5.10)

posted by tokuho at 12:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 葛西あたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小さな野草も近づいて良く見れば、花屋さんに
並んでいる花々に負けない美しさがあります。
しかも、その命の力強さ。感動しますね。
Posted by toru-mizusawa at 2016年06月14日 13:31
ありがとうございます!
そうですよね。
そしてとても個性的で、つい足元を見ていたりします。
Posted by toku at 2016年06月14日 15:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック