2018年11月27日

東京湾の干潟・葛西海浜公園

葛西臨海公園の干潟

葛西海浜公園は、葛西臨海公園の前面にある人工干潟(西なぎさ・東なぎさ)と、
その先の三枚洲と呼ばれる遠浅の海からなります。
今回、東京都内で初めてラムサール条約湿地登録されました。

ラムサール条約の正式名称は
「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」。
数万羽の水鳥が生きていける生態系が認められ、
また、これを保全し持続的に活用することを目指すものです。
日本野鳥の会東京のHPが簡潔でわかりやすい。登録前の記事ですが)

都主催の登録報告イベントをのぞきがてら、干潟を見に行ってきました。


西なぎさと東なぎさ

渚橋で陸とつながっている西なぎさ(右手前)と、
保護のため立ち入り禁止になっている東なぎさ(左奥)。
東なぎさの向こうは舞浜のテーマパーク。


葛西海浜公園からのぞむ富士山

雲が多く寒い日でしたが、富士山がちょっとだけ見えました。


砂地に咲く花

枯れ草と黄色い花

葛西海浜公園の秋草

西なぎさに咲いていた花など。


葛西海浜公園の干潟

葛西海浜公園の干潟

少しだけ日が差してきた西なぎさ。
残念ながらこの日は、水鳥の姿はあまり見られませんでした。


(2018.11.24)

posted by tokuho at 00:00| Comment(0) | 葛西あたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]