2016年11月13日

宮城の美しい海

南三陸の海

週末に2泊3日で石巻から陸前高田あたりへ。
車でを移動中に出会った海がとても美しかった。

11月上旬、寒いだろうなあ、と覚悟していったのですが
その日のお天気はポカポカのピカピカで、上着もいらない。
空気も澄んで、とてもおだやか。


南三陸の海と遊歩道

南三陸の海と遊歩道

南三陸町戸倉あたり


岩井崎の松と海

岩井崎の松と海

岩井崎の海

気仙沼市岩井崎


岩井崎の龍の松

龍の松
〈東日本大震災では、この地区も高さ17mあまりの津波に襲われ、多くの方が犠牲となりました。岩井崎の松の木も多くが倒され波にさらわれましたが、波がひいた後、岬先端部に1本の松が残され、その姿は、まるで海に向かい津波に立ち向かう龍のようであったことから、いつしか「龍の松」と呼ばれるようになりました。〉
立ち枯れたものを保存処理したそうです。


(2016.11.5)


posted by tokuho at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

秋の香りと雨

キンモクセイの枝

数日前から、キンモクセイがいっせいに香り出しました。


キンモクセイの花

キンモクセイは、特に好きではなかったのだけれど、
よく見ると、小さな十字で厚みある花がかわいらしい。
ポンポンとかたまって咲く枝振りもおもしろい。


蛛の巣についた水滴

蜘蛛の巣についた水滴

キラキラしていたのは、蜘蛛の巣にかかった水滴。
秋の空気が入り込んだ日、雨の合間の散歩にて。

(2016.10.1)


posted by tokuho at 19:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 葛西あたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

十日町の美人林

美人林

美人林

新潟・十日町のブナの林。
昭和初期にいっせいに育ったブナの立ち姿が美しいので
「美人林」と呼ばれるようになったらしいです。


美人林

美人林の池

美人林のブナ葉

林はそれほど広くはなく、ブナのやさしい緑が美しい。
フェーン現象なのか、日差しが強く暑い日でしたが、
林に一歩踏み入るとすうっと涼しくなりました。


松之山温泉凌雲閣

松之山温泉凌雲閣廊下

松之山温泉

宿泊は松之山温泉・凌雲閣。


十日町の棚田

棚田の道で見た花

棚田とか単線電車とか山菜とかおいしい米とか
いろんな田舎らしさを感じた週末。
稲刈りは9月末頃のようです。

(2016.8.20-21)


posted by tokuho at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

信州・塩田平と海野宿

塩田平・安楽寺

塩田平・安楽寺八角三重塔

大学の同窓生たちとの気の置けない旅行。
とにかく暑かった週末。

塩田平・安楽寺の八角三重塔。


塩田平・安楽寺前の蓮池

塩田平・安楽寺前の蓮池

安楽寺前の蓮池。


海野宿の家並み

北国街道・海野宿(うんのじゅく)。

観光客相手の店などは数軒しかなくて、
夏のまぶしい日差しの中、静かな家並みが続いている。

海野宿の家並み

海野宿の家並み


海野宿の家並みとサルスベリ

海野宿の朝顔と格子


別の時間が流れているような、不思議な場所でした。

(2016.8.6-7)

posted by tokuho at 18:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

トーハク散歩

予想に反してお天気になった午後
上野の国立博物館で開催中の古代ギリシャ展へ。
新婚旅行で行ったギリシャを
なつかしく思いながら楽しみました。

夏の上野公園


特別展を見た後はいつも、本館を軽く流して帰ります。
あまりにボリュームが多いので、
特別展の後では、きちんと見る余裕を持つのが難しい。
まして東洋館や法隆寺館などとても…。

東京国立博物館本館から見た庭園

東京国立博物館本館ロビー

東京国立博物館本館エントランス

表敬館と夕空

トーハクの常設展や建築だけを
1日ゆっくりと見るものよさそうなのですが
なかなかその機会をつくれずにいます。


ケヤキの幹

構内の苔むしたケヤキの幹。

(2016.7.20)

posted by tokuho at 14:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 都内近郊散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

型染め体験

型染め

型染め工房の風景

何か新しいこと、日本の伝統的なことに触れてみたいと思い、
型染めの体験に行ってみました。

お世話になった高常さんは、江戸川区平井の型染め工房。
本業の江戸ゆかたの他に、手ぬぐいなども手がけています。
江戸っ子な四代目ご主人が、気さくに教えてくださいました。

型染めの手法で、テーブルセンターを染めました。
(型紙で染めるのは難度高いので、シルクスクリーンを使用)
手順
・型を使って、餅米の糊(カーボン入りなので黒い)で柄を付ける。良く乾かす。
・染料で染める。乾いたら裏面も。
・染料が乾いたら、サウナのような蒸し箱で蒸す(定着させる)。
・水洗いして糊を落とし乾かす(時間的な理由で自宅に持ち帰ってから)。
蒸し箱から出された布は、染料の色が鮮やかに変わっていて、
糊を洗い落とすと、くっきり白く絵柄が浮き出てきます。

この他に、顔料で型を直接染める手ぬぐいも制作。


古い伊勢型紙

布が乾くまでの時間に、
コレクションされている伊勢型紙も見せていただきました。
古いものは江戸時代のもので、
現在では作れる職人さんがいないような繊細で貴重なもの。
全てはとても見られない数が無造作に積まれていました。
大胆な柄、繊細な文様…。
じっくり見られれば、面白いデザインがたくさんありそう。


干し場

上から見た干し場

3-4階の高さにある干し場は、確実に足を踏み外せそうなところ…。


今回は型染め初心者入門編でしたが、奥が深そうな世界。
自分で型を作って、色を作って、染められたらステキだろうなあ。


染めたテーブルセンター

伝統柄の型が美しいので、初心者でもそれなりの仕上がりになります。
染め上がったテーブルセンターは、どう使おうか考え中。


高常さんの玄関先の花

江戸ゆかた 染め工房 高常

ゆかたの柄や型紙は、HPにも紹介されてます。
工房の改修に入るため
体験教室は1年ほどお休みになるそうです。

(2016.6.18)


posted by tokuho at 12:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 都内近郊散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

道端の花々

ヒメツルソバ

舗装のすき間など道端に咲く花が気になります。
どれも力強くてかわいい。
ゴールデンウィーク頃に撮影したものなので今更ですが、
せっかく名前を調べたので、来年までの備忘録として。

上の花は、姫蔓蕎麦(ヒメツルソバ/ポリゴナム)
育てられているものと野良のもの、両方見かけます。


マツバウンラン

マツバウンラン

松葉海蘭(マツバウンラン) 
この頃よく見るようになった気がする。


ハキダメギク

ハキダメギク

掃溜菊(ハキダメギク)
名前が何とも…。


ハハコグサ

母子草(ハハコグサ)
春の七草のゴギョウ。


アメリカフウロ

アメリカ風露(アメリカフウロ)


キュウリグサ

胡瓜草(キュウリグサ)
とっても小さい。


ノミノツヅリ

蚤の綴り(ノミノツヅリ)
ハコベに似た花。これも小さい。


オニタビラコ

鬼田平子(オニタビラコ)


道端にしゃがみ込んで写真を撮っている自分は
きっと怪しいと思います。

(2016.4.26〜5.10)

posted by tokuho at 12:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 葛西あたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

青空と薔薇の日

総合レクリエーション公園のバラ園

お天気だったので、散歩がてらにバラを見に
葛西のフラワーガーデンへ。
多くの種類が、ほぼ満開。
家族連れで賑わっていた、地元の休日。


バラのアーチと花壇

総合レクリエーション公園のバラ園

青空と赤いバラ(カクテル)

ピンクのバラ

赤と白のバラ

ピンクのバラ

黄色や白の花も咲いていたのだけれど
うまく撮れていなかった。

(2016.5.14)



posted by tokuho at 19:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 葛西あたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

三笠桟橋から猿島へ

三笠から見た猿島

ふと思い立ち、横須賀から船で10分の無人島・猿島へ。
旧陸海軍の要塞跡がラピュタの世界っぽいと、最近人気らしい。
ベテランガイドさんに案内してもらって歴史遺産散策。


猿島の要塞跡

猿島の要塞跡

兵舎や弾薬庫が残る切通し
フランス積み煉瓦の建物は明治時代のもの


猿島のトンネルと石垣

猿島の石垣

猿島の切通しの石垣



猿島のトンネル

猿島のトンネル

猿島のトンネル

煉瓦造りのトンネルの中にも軍の施設


猿島の海

猿島から見た富津

朝の雲が晴れて、浦賀水道を行く船の向こうに
富津の街が見える


東京湾入口のこのあたりは
防衛の拠点だったのだと改めて。

三笠公園に戻ってから戦艦三笠も見て、
(日露戦争の旗艦/「坂の上の雲」を思い出す)
何の気なく出かけた小旅行が
軍や戦争について考えてみる機会にもなりました。

(2016.4.23)

ラベル:猿島
posted by tokuho at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 都内近郊散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

葛西の桜

満開のソメイヨシノ

満開のソメイヨシノと青空

桜の見頃は今日までと、天気予報が言っていたので
自転車で近くの桜を見てきました。
新左近川岸のソメイヨシノはこぼれるくらいに満開。


枝垂れの八重桜

八重咲きのしだれ桜。


白とピンクのオオシマザクラ

オオシマザクラ

オオシマザクラ

同じオオシマザクラでも、
真っ白い花とピンクがかった花がある。


久しぶりに、少しゆっくりした気持ちになれた1日。

(2016.4.6)

posted by tokuho at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 葛西あたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする